シャンソンと若者の架け橋作り。フェスや学校イベント実現に向け活動中
イベント情報
■ 9/24(木) ■
日仏会館(東京都恵比寿)にて、フランス文化をあなたに

『シャンソン“日仏文化の架け橋”』

講演会 ご来場いただき、ありがとうございました!

 

9月24日、日仏会館にてシャンソン講演会を行いました。
日仏経済交流会、在日フランス商工会議所の方々を始め、ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。
シャンソンをさらに多くの方に親しんでいただきたいと企画したイベント、これを機にこれからのシャンソンにより興味を持っていただければ幸いです。

講演レポートが、日仏経済交流会さんのサイトに掲載されております。
ぜひご覧ください。
日時 9月24日(木) 講演/19:00~20:00 懇親会/20:00~21:00
場所 日仏会館 501会議室
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-9-25
http://www.mfjtokyo.or.jp/ja/guide/acces.html
交通アクセス JR山手線:
 恵比寿駅東口下車 恵比寿ガーデンプレイス方面へ 徒歩10分
東京メトロ日比谷線:
 恵比寿駅1番出口 アトレ・JR恵比寿駅東口を経由 徒歩12分
講師 シャンソン歌手 NERO・劉玉瑛
主催 日仏経済交流会(パリクラブ)
共催 在日フランス商工会議所
企画 フランスフェスティバル実行委員会
会費

主催・共催団体の会員/1,000円  非会員/2,000円
(懇親会のワイン・ソフトドリンク代込)

なお、会場で「フランスフェスティバル実行委員会のメンバーです」とお伝えいただければ、会員価格でご参加いただけます。

シャンソンとは無限のフランス歌。フランスの歌=シャンソン。
他ジャンルとの違い、同じ曲でも歌い手によって別の曲になる、その無限世界の魅力。
日本の歌では皆が同じメロディ、風景を想像する。そこがシャンソンの大きな違い。
また、「ドラマチックな歌詞」も特徴。 綺麗な愛もあれば、人の業も。

NERO劉玉瑛

「徹子の部屋」「私の何がイケないの」など、いくつものテレビ番組でも活躍中の歌手「NERO」、ホリプロイベントやパリ祭ツアー、ホテルなど様々な場所でドラマチックな歌を紡ぐ「劉玉瑛」による講演イベント!

フランスの歌が、ラーメンのように日本文化として定着、発展しています。

未来へとバトンをつなぐ二人が語るのは、

「シャンソンとは」
「日本に根付いて70年・その歴史」
「文化人や政財界の社交場銀巴里(美輪明宏、加藤登紀子、戸川昌子氏の誕生)」
「青い部屋(三島由紀夫、川端康成などの文化人、政財界の交友の場)」
「シャンソンの今」

また、彼らが出演する「パリ祭ツアーのエピソード・出演者について」「これからのシャンソンをどのように次世代に踏襲していくのか」、NERO・劉玉瑛を含めたシャンソン歌手たちの絶え間ない努力についても、あなたにお届け!

なお、講演の最初に、DVDにてNEROと劉玉瑛の曲をお聴きいただく予定です。


■日仏経済交流会 とは

会員並びに名誉会員に懇親の場を提供すると共に、広く本邦で活躍するフランス人並びに在日フランス商工会議所との交流を深めて、両国間の経済関係の発展に資することを目的とする団体です。

お知らせ
実現目指す“フランスフェスティバル”とは
どんなことをやるの?

街中で開催する野外フェス。
詳細な場所は決まり次第発表します。
「ファッション」「フード」「ミュージック」をみんなで楽しもう!

「シャンソン劇場」って?

フランスの歌「シャンソン」で紡がれるストーリー。
客席すべてが舞台。あなたがいるのは、とある館。そこに住む人々とは……

ドラマチックソングの新しさ

「シャンソンは3分間のドラマ」。綺麗な愛、ドロドロの情念……私やあなたの心にあるもの。
歌手たちは様々な舞台をあなたの前に投影します。

©2014 FRANCE FESTIVAL ALL RIGHTS RESERVED.